ビジネスカジュアルってどこまでカジュアルでOK? 

スポンサーリンク

ランズエンド コーディネイト

勤務先で「女性のビジネスカジュアル」について考える出来事がありました。
スーツである必要はないけど、きちんと感のある服装。
そういう曖昧なドレスコードの会社は多いはず。

私の勤務先も明確な規則があるわけではありません。
でも、ゆるすぎない、カチッとした感じの服を選んでいる人がほとんど。

では、どこまでのカジュアルならNGにならないのか。
この辺は人によって認識が違うので微妙なんですよね。
私の考えるビジネスカジュアルについてまとめてみました。

スポンサーリンク

私の基準は仕事中とわかる服装

私が会社用の服を買う時の基準は「仕事中」って雰囲気のでる服装。

ブラウスか、シンプルなカットソー。
パンツやガウチョはセンタープレス、スカートは長すぎず短すぎないミモレ丈。
羽織るのはカーディガン。

色はモノトーンが多いけど、柄や色で少し遊ぶこともあります。
ある程度シルエットがカッチリしてれば、色や柄で遊んでもラフには見えないですからね。

来社されたお客様を会議室に案内したり、お茶出ししたりするので、清潔感やきちんと感のある服装を心がけています。

どこまでカジュアルでOKか

カジュアルな服装

今回、ビジネスカジュアルについて考えるきっかけになった服装の例。

肩が落ちそうなビッグシルエットのニットを合わせた重ね着にロングのワイドパンツ。
シャツにざっくりニット+スキニー。しかも裾出し。
色をモノトーンで統一していてもカジュアル感が強い印象。

業種にもよるし、会社の社風にもよるので線引きは難しいんだけど、私であれば、会社に着ていく服としては選ばない。

取引先相手にこの服で対応できるか、というと「う~ん・・」って感じですからね。
普段着であれば、おしゃれでかわいいコーディネートなんですけどね。
私的にはビジネスシーンではNGなコーディネイト。

スーツよりはラフでもいいけど、普段着よりはきちんと感がないとダメなのがビジネスカジュアルかなって思います。

それでもおしゃれはしたい

ブラウス

カジュアルすぎるのはNGだけど、事務員の制服のような服装ばかりでもつまらない。
せっかく私服なんだからやっぱりおしゃれはしたいですよね。

柄を使うなら色を抑える。
ドルマンスリーブのカーデなら、ボトムにカッチリしたものを持ってくる。
など、どこかに「きちんと感」を出すことで、ビジネスカジュアルの幅は広がるはず。

組み合わせをちょっと変えるだけで、ビジネスモードになったり、オフモードになったりもしますしね。

年代にも社風にも左右されるから「ビジネスカジュアル」って定義が難しい。
でも、服で気分も変わるから、周囲から浮かないように気をつけつつ上手に楽しみたいですね。

私が通勤用の服をよく買うショップ

ランズエンド
アメリカ発の大人カジュアルなブランド。
セールだとかなりお買い得。
サイズが合わなければ交換・返品できるのも嬉しい。
公式サイトのセール→LANDS’ END | アウトレット

ベルーナ
カタログだと「ザ・ミセス」っていうおばさんっぽさ満載な印象だけど、実際の商品はそうでもない。
きちんと感があって価格が手ごろ。
公式サイト→カタログ通販ベルーナ トップページ

ドゥクラッセ
ワンランク上の大人カジュアルならドゥクラッセ。
七分袖や五分袖も多くて季節の変わり目に着られる服が多いのが嬉しい。
返品も可能。
公式サイト→DoCLASSE ONLINE SHOP

 



コメント