50代で初体験。単発バイトを始めたよ

スポンサーリンク

1日だけの就業がOKな単発バイト。
派遣バイトや日雇いバイトとも呼ばれているようです。
50歳で初体験してきました。

やってみた感想としては「祝日の多い月にやるのはあり」。
副業として手ごろではありますね。
日雇いの副業をしてみた感想をまとめました。

スポンサーリンク

フルタイムで働きつつの副業の注意点

メインの仕事が副業可かどうか

私はフルタイムで働く契約社員。
会社と半年ごとに雇用契約を結んでいます。
これがメインの仕事。

ここを失うつもりはないので、就業規則はきちんと確認しました。
副業について規定はなく、制限もないとのこと。(社員は副業可だけど届け出が必要)
あとからトラブルになるのは困るのでここは大事ですね。

副業の雇用形態がなんであるのか確認しておこう

単発のバイトは派遣会社または就業先との契約になります。
支払われる賃金は「給与」または「外注費」のことが多いです。

派遣会社に登録しての単発だとほぼ「給与」ですね。
年末に源泉徴収票がもらえるはず。

雇い主の直接雇用の場合は外注費のことがあります。
請負っていうやつですね。
この場合は請求すれば支払調書がもらえるはず。

どちらにしても確定申告が必要になる場合があります。
自分の雇用形態がなんであるのかは確認しておきましょう。

私の場合、契約社員であると同時に、個人事業主でもあるので副業の収入金額にかかわらず確定申告は必須。

単発バイトの派遣は条件がある

1日OKの単発バイトの派遣は条件があります。
条件を満たしていないと1日だけの派遣バイトはできません。

条件を満たしていることを証明するために、派遣会社に源泉徴収票や住民税決定通知書などの提出が必要となります。
ちょっと面倒くさい。

登録から仕事開始までの流れ

これは単発バイトで登録した会社によって違うので、私が登録した会社の場合です。

  1. 会社の「働きたい人」の応募フォームから応募
  2. メールで応募受付の返信がくる
  3. 電話で面接の連絡がくる
  4. 面接&仕事の説明(契約書にサイン)
  5. 就業可能日の提出
  6. 仕事が決まったとの連絡
  7. 当日就業場所へ

応募から面接まで5日。
月初めに応募して、月末の仕事が決まりました。

日雇いは人員プールしておかないと回せないから、対応はスピーディでしたね。
私が選んだのは業務委託(請負)なので、単発派遣の条件確認などはありませんでした。
だからなおのこと早かったですね。

どんな仕事もやればやったで面白い

私がやっているのは「ビラ配り」的なかんじ。
イベントなどの周りで声掛けをして参加を促す役割ですね。
ノルマはないので気が楽。

名のとおったブランドの販促イベントの応援スタッフなので、スーツ着用でお堅いかんじ。
それなりに気を使うけど、接客の仕事は好きなので楽しいです。

メインの仕事の事務職とまったく別だからこそやって楽しいっていうのはありますね。
別の仕事をすると、いろんな気づきもあるし、勉強にもなります。

販売系の、お客様とのやりとりって心理戦だったりしますからね。
なかなか奥が深いです。

働きたいときだけでOK

単発バイトのいいところは、仕事したいときだけすればいいってとこですね。
私の登録しているところは、月末に翌月の仕事の一覧が送られてきて、やりたい日にちを連絡します。
基本先着順なので、必ず仕事が回ってくるわけではありません。
でも都合の悪い日に仕事をする必要もありません。

2~3か月やらずにいてもOK。毎月やってもOK。
この自由さは副業向きですね。

仕事をしたいときに必ず仕事があるわけではない

私の登録しているところは、仕事は希望者の先着順。
やりたいと思っても仕事がまわってこないことがあります。

なので、生活のために毎月いくら以上必要っていう場合には向いていません。
自分のお小遣い稼ぎならいいかなってとこですね。

体力的にはきつい

私は完全週休二日制。
副業は土日のどちらかで行っています。

5連勤と6連勤とでは体の疲れが全然違う。
土日に副業をいれるのは多くて月2回ですね。

特に私がやっているのは立ち仕事なのでキツイ。
室内なのでまだいいけど、野外だと夏冬はほんと大変だと思います。

まとめ

  • 時給労働者は稼働日で給料が変動するから、祝日の多い月は日雇いバイトがあると助かる。
  • 生活費の足しにするには収入が不安定。
  • 大きくは稼げない(私は月1~2万)
  • 疲れる

出費が重なるときとか、稼働日が少ない月は副業があると助かります。
稼げる手段はいくつか持っておくと、いざという時に安心。

本業が副業可であれば一度はやってみるといいかなって思います。
収入減が増えるメリットはもちろんだけど、異業種を経験するのって楽しいし、意外と自分に向いている別の道が見えたりすることもあるので、何事もやってみて損はないですね。

バイト求人サイトで「単発」で検索するといっぱいでてきます。
工場系、試食系などいろいろあるので、よさげなところを見つけてトライしてみてはどうでしょう。

単発で探す→単発ではたらこ




 

コメント