ペンの光はじめてキットの内容

ペンの光はじめてキットが届きました。
いよいよ競書のスタートです。

セット内容と支払いについてまとめました。

ペンの光はじめてットの申し込み

初回限定なので、普通に始めてしまってからでは申し込めません。
公式サイトはここ

 

ペンの光はじめてキット内容

  • 添削6回分(添削用用紙が6枚)
  • 名前、住所お手本
  • 出品用競書用紙

このほかに提出の仕方などの手引きと、添削を提出する時の宛名シール、払い込み用紙が入っていました。

競書誌は1か月に1冊づつ6冊が届くので、今回は1冊。
添削用紙は6回分。
出品用競書用紙はAが2冊入っていました。
競書用紙Aは(1)規定部級位・段位クラス (3)かな部新規~5級 に使用可能。
30枚で1冊なので、使い方にもよるけど6か月分はあるかんじですね。

競書用紙は想像していたよりもコンパクトでした。

住所と名前の見本は後日別便で送られてくるとのこと。
これは申し込みをしたタイミング(競書の締め切りまでの日数)などによって違うかもしれません。


添削用紙はA4サイズ。
競書用紙を貼ってもいいし、直接書いて出すこともできます。

ペンの光はじめてキットの支払い


はじめてキットは、申し込み→キットの1回目が届く→中に入ってる払い込み用紙で支払い、となります。

ネットバンクやクレジットカードでの支払いができないのは不便ですね。
払い込み用紙は郵便局のATMでも大丈夫なので、窓口が空いてなくても支払いは可能です。

ペンの光はじめてキットのサイクル

競書誌が届く(毎月20日)

練習する

添削に出す

添削が戻ってくる

直されたところを修正して練習

競書作品の提出(競書誌が届いた翌々月5日必着)

私は1月1日に申し込みをして1月6日に1月号が届きました。
1月号は12月20日発送なので、競書の締め切りは2月5日。
添削が戻るのに2~3週間かかると書いてあったので、かなり過密なスケジュールになってしまいました。

申し込みをするなら最新号が届く20日近辺がいいかもしれません。

ペンの光はじめてキットはお得なのか

公式サイトによると

ペンの光・書の光の場合
通常は半年(特集号を含む場合)6,300円。
さらに添削を6回つけると(1,000円×6回)
6,300円+6,000円=12,300円
ペンの光・書の光はじめてキットは2,900円もお得です。
※はじめてキットには、ペン習字の出品用競書用紙や筆(つかさ)などもついてきます。
学年習字の場合
通常は半年購読3,750円+添削6回(2,200円)=5,950円
学年習字はじめるキットは1,250円もお得です。
※競書用紙もついてきます。

となっており、それぞれで申し込むより約3000円もお得となっています。
添削が必要であれば、はじめてキットがお得です。

添削が不要な場合のお得な購入方法

添削は必要な時に申し込めばいいから、とりあえず競書誌だけ1年間定期購入したい。
という場合は、富士山マガジンサービスを利用するとお得です。

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
月額払いの商品ではご利用いただけません。
どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪

という割引サービスがあるので1年分(12冊 )11,700円(税込)を申し込めば、どちらかのサービスで500円割引が可能。

3種類のプレゼントつき定期購読があって、住所と名前のお手本がついてくるのもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました