本よむEDiT (READING EDiT) いいですよ

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

スポンサーリンク

お気に入りのアイテムとなった本よむEDiT (READING EDiT)。
本よむEDiT (READING EDiT) 
私は買うよりも図書館で本を借りることが多いんだけど、目に留まって借りてきて読み始めて「あれ?これってなんか読んだ気が・・」ってことが割とあるんですよね。なので読書記録をつけるつもりで買ったんだけど、単なる記録にとどまらず活用できちゃうのですごくいいですよ。

本よむEDiT (READING EDiT) の中身については購入時の記事に書いてあるので、こちらも合わせて読んでいただくとわかりやすいかと思います。
本好きのための読書ノート「READING EDIT」を買いました

最初はこんなにスペースあって書くことあるかなーと思ったけど、書き始めると足りないくらい。
本よむEDiT (READING EDiT) 

本よむEDiT (READING EDiT)のポイントは「引用」の項目ですね。
引用

引用には、読んで気に入った文章をそのまま書き写します。
ブログなどに本の感想をかいたり、手帳に書き留めたりってことは今までもしていたんですよね。
でも、略したり、アレンジしたりせず、「そのまま」書き写すことって今までしたことないので、なんで感想ではなく引用なんだろう?って思ったけど、今は引用が大事なのがよくわかります。

これね、もう一度本を読むのと同じなんですよ。

本って読んだ直後は鮮明に覚えてるし、これは自分の生活にも取り入れてみよう、とか、この考え方はいいな、とか思うけど、ちょっと時間がたつと忘れてしまって、あれ?なんだったけ?ってことになりがち。

でも引用があると、自分で大事だと思った部分をもう一度読み返せるので「あぁ、そうだった。自分でもこんな風になりたいっておもったんだ」っていうように、改めて思うことができるんですよ。
図書館で借りた本は手元にはないので、本よむEDiT (READING EDiT) で部分的とはいえ読み返せるのはすごくいいです。

本よむEDiT (READING EDiT)はこの1冊に読書を集約できるのでおすすめ。
でも、手帳などに心に響いた文章を引用して書き留めておくのもいいと思います。
引用、あとからジワジワと書いておいてよかったと思いますよ。

本よむEDiT (READING EDiT)はマークスオンラインショップで購入しました。
商品ページ→本好きのための読書ノート!本よむEDiTREADING EDiT/EDiT

ショップ→株式会社マークスの直営サイトonline MARK

スポンサーリンク

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

更新情報流してます。よかったらフォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です