焼くだけでご馳走 鯛のソテーでイタリアンな晩ご飯

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

スポンサーリンク

ゴールデンウィークですが、息子たちがそれぞれ部活だのなんだのと予定があり、家族でのイベントは特にない我が家。
でもなにもないのも寂しいので、ちょっとご飯を豪華にしてみることに。
初節句などで使うのか?旬なのか? 普段は見かけない立派な鯛がお手頃価格で買えたので、鯛のソテーを作りました。

鯛のソテー 

なんだかすごい料理みたいでしょ。
でも焼くだけなんですよー。

【材料】

トマト(今回は酸味の少ないミディトマトを使いました)
オリーブオイル
ニンニク

バジル(今回は乾燥しているやつ)

【作り方】
鯛に塩を振り15分くらいおく。
たっぷり目のオリーブオイルでカリっとソテーする。

次に鯛を焼いた後のフライパンにオリーブオイルが残っているのでそれを使いソースを作ります。

オイルがすくなければオリーブオイルを足して、ニンニクのみじん切りを炒める。
トマトを1㎝角くらいにざっくり切ったものをいれて、さっと炒める。
塩で味をととのえ、バジルを振りかける。

お皿にもりつければ完成!

鯛に塩をして置いておく間にトマトを切ったり、付け合わせのサラダを用意しておくと、30分くらいで出来上がります。
切り身になっている鯛をつかえば、手間なしでご馳走ができるので試してみてくださいね。

この鯛のソテーは家族にも好評で、WOWOWで字幕版のアナ雪をみながら楽しいディナーとなりました。よかった、よかった。

ポイントはオリーブオイル。
いいオリーブオイルを使うとおいしさが一味違いますよ。
このオリーブオイルはちょっと高いけどめちゃくちゃ美味しいのでおすすめ。

 日本ホールフーズ バリアーニレギュラーオリーブオイル

スポンサーリンク

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

更新情報流してます。よかったらフォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です