ペンの光はじめてキットの1回目添削を提出

ペンの光はじめてキットの1回目添削を提出。
こちらの記事にも書きましたが、申し込んだタイミングのせいで日程が押せ押せだったので練習期間短めの提出となりました。

写真の一番右がお手本。
競書用紙に3枚書き、真ん中のやつを提出しました。

競書用紙を前にするとなんか緊張しちゃって、いつも以上に線がぶれるし、文字の大きさはそろわないし……。
どんなに真っ赤になって戻ってくるか楽しみです。

ペンの光はじめてキット 添削の出し方

お題を書いた競書用紙を添削提出用の真ん中にノリで貼り、用紙に書いてある必要事項を記入。
自分の住所・氏名を書き、切手を貼った返信用封筒を入れて、郵送します。

練習の様子

練習はインスタに投稿しています。
下手で恥ずかしいですが、よかったら見てやってください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ume(@ume_dailylog)がシェアした投稿

どのペンを選ぶかによっても書きやすさが違うんですよね。
なのでいろいろとペンを変えて書いてみたりもしています。

私がいまの段階で書きやすいのは、万年筆のプレピー、ボールペンのサラサ。
ブレンも好きなんだけど、少し軸が太いのが気になるんですよね。
どのペンがいいかは、まだしばらく試行錯誤しそうです。

ちなみに競書の提出のインク色は黒。
ボールペン、万年筆、つけペンのいずれかの使用になります。(油性でも水性でもOK)

created by Rinker
プラチナ万年筆
¥440(2022/01/28 21:30:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥70(2022/01/28 22:03:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました