早めの洋服の入れ替えはメリットが多い

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

スポンサーリンク

いつもはもっと肌寒くなってから洋服の入れ替えをするのですが、今年は私の分だけ少し早く行いました。なぜかというと、就職活動中で普段はめったに着ない「ビジネスカジュアル」な服装をする機会が増えているから。そろそろ秋物も必要で「たしかアレがあったはず・・・」と思っても実際に探すとなかったり、着ようとおもったらサイズが・・・ってこともありますからね。手持ちの服の確認も兼ねて早めの入れ替え!

夏物

でもまだまだ夏物も必要

私の洋服の収納スペースは押し入れのfitsケース6個。それとスーツなどをいれるクローゼットが1つ。
入れ替えといっても段を変えるだけで、しまいこむわけではないんです。早めにやっても夏物もちゃんととりだせるし、困ることはありません。
使いやすい位置にするだけですからね。

使いやすい真ん中2つがオンシーズン。上はオフシーズン。下は靴下や下着、エプロン、スポーツウェアなど季節に関係なく使うモノと、カーディガンなど季節の変わり目に使うモノをいれています。

衣装ケースの位置

上はオフシーズン、真ん中はオンシーズン、下はオールシーズン

段を変えるには引っ張り出すようなので、ついでに中身の点検をして、ワンシーズン1度も着る機会のなかったもの、よく着すぎてへたれてしまったものは処分します。
基本的に次のシーズンの物は、入れ替え時に処分した後の物なので全部着られる服のはずなんだけど・・・。1年経つと好みが変わっていたり、流行りすたりがあっていまさらこれは~みたいなのもあって、いらないなーと思う服があるんですよね。結局ごみ袋1つ分の処分品がでました。

この時期に入れ替えをしてよかったと思うのは、お得に買い足せることと、もう着ないけど捨てるにはもったいない次のシーズンの服をリサイクルに出しやすいこと。

お得に買い足せるのは夏物ですね。
今回、普段着のTシャツを4枚ほど処分品にまわしました。これは流行に左右されるようなものではなく、お出かけ用でもなく、家であれこれやるのに動きやすければOKのもの。夏もののセールをやっている今のうちに好みのものをGETしておけば、来年着るものが少なくて困ることもなく、お値段も安い!

それと秋冬もののニットも2枚ほど処分に回しました。気にいってて、まだ着れると思って残してあったんだけど改めてみるとやっぱりヘタリ具合が気になる。。。
今年もそろそろニット類も出始めてますからね。今の気分に合うモノを2枚買い足すことにしました。先に処分してから買うとダブって箪笥の肥やしになることも防げるので、これもある意味お得♪

あと、秋冬物で、去年買って1~2回しか穿かなかったロングスカートと、肩まわりが少し窮屈で1回しか着ていないネルシャツ。どちらもキレイだし、近所のリサイクルショップにもっていってみるつもり。これからの季節の物は査定が少し高かったりしますからね。

ノーブランドだし2枚だけだし家から近いリサイクルショップに出すけど、もしブランド品で不要なものが眠っていり、枚数が多い場合はネットの買いとりショップもいいみたいですよ。友人が利用してるんだけど、実際に行く手間もないし、査定してもらったけどその値段ではちょっと。。。。という時には戻してもらえるし便利なんですって。少しの手間は惜しまない!という人はオークションに出すという手も。結構うれるみたいですよ。

宅配買取ブランディア



高かったから・・・と捨てるのはためらわれるけど、着ない。
保管しておくスペースももったいないし、着られることのないまま、どんどん古びてしまう服も可哀想ですからね。リサイクルなら別の人が着てくれる可能性があるし、いくらかにはなるし、気持ちのつっかえもとれますからね。早めの入れ替えで、心もすっきり、お財布もあたたか!コレいいですよ。

で、肝心のオフィスカジュアルの秋冬ものは、ブラウスとかっちり目のシャツがあるので、面接は買い足さなくてもなんとかなりそう。ただ、通勤もオフィスカジュアルだった場合は、上から下まで買い足さないと無理。制服があって通勤は服装自由なところがいいなー。

スポンサーリンク

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

更新情報流してます。よかったらフォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です