夜行高速バスがすごく進化している 帰省や旅行に活用できそう

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

スポンサーリンク

毎年夏に帰省している九州。でも神奈川→九州はやっぱり遠い。
新幹線が4時間半。それぞれ新幹線の駅から家まで1時間ほどなので、合計で約6時間半かかります。
行き帰りそれぞれ1日つぶれるかんじになるんですよねー。

大阪のユニバーサルスタジオとか、広島の原爆ドームとか、鳥取の砂丘とか。
途中下車をして観光をしながら帰りたいとも思うんだけど、それだと降りた場所で1泊するようなので、長期の休みがとれないと無理。

でも、夜行高速バスを利用すれば、強行軍にはなるけど、限られた日程で途中観光も可能になりそう。
夜に寝ている間に目的地について、昼間遊んで、また夜に移動して翌日目的地につくわけですからね。宿泊代も浮かせるし、時間も節約できるし、来年はちょっと真剣に考えてみようと思っています。

長距離のバスっていうと、狭いし、寝れないし、疲れるし、ってイメージだったけど、最近のバスは快適に進化してますしね。
6月に参加したリンクシェアフェアで国内最大級の高速・夜行バス予約サイト「WILLER TRAVEL(ウィラートラベル)」のバスの座席を見せてもらったんだけど、もう、豪華、豪華。

バスのシート
シートタイプは複数あって、それぞれのタイプによって価格もことなります。
私が見せてもらったのはリラックスシリーズとニュープレミアム。

【リラックスシリーズ】
icon
icon
WILLER EXPRESSが開発したフード(カノピー)が寝顔を隠してくれるので女性に人気。
フードがあるだけで、ちょっとした個室感もあっていいですよね。
140度のリクライニングで伸び伸びできるのもポイント。

【ニュープレミアム】
icon
icon
座り心地の良さにこだわったニュープレミアム。
前後のシート間隔も広くとられているので身長が高い人でもリラックスしやすくなっています。
電動ゆりかごリクライニングは最大146度でゆっくりと休めます。

こうしたこだわりのシートは全部で13種類。
自分の好みのシートが選べるっていいですよね。
シートのラインナップ一覧

しかも、プライベートモニター付なら、映画、音楽、ゲーム、オーディオブックなどが楽しみ放題。
なかなか寝付けなくても退屈せずに過ごせますよ。
プライベートモニター付シート

小さいお子さんがいると高速夜行バスは難しいかもしれないけど、我が家のように中高校生になってしまえば一人の時間を楽しむことができるので問題なし。
子どもが大きくなったら、時間とお金を有効活用できるバスの旅もなかなかいいかもしれませんね。
夫婦での旅行にもよさそうですよ。

今回紹介したバスはこちらで予約できます→【高速バス予約】WILLER TRAVEL

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

スポンサーリンク

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

更新情報流してます。よかったらフォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です