さてさて、2017年の手帳をどうしましょう? 使いやすい手帳はライフスタイルで変わる

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

スポンサーリンク

9月になりました。
夏が終わると始まるのが、来年の手帳選び

今年(2016年)はライフスタイルが変わったこともあり、手帳をあまり活用できなかったので来年は手帳の種類を変えてみようかなぁと思っています。
とりあえず今の手帳の状況を整理してみて、来年をどうするか考えてみようかと。

1日1ページ撃沈

エディット

今年は去年に引き続きEDiTの1日1ページを使っています。
1日1ページは自由度が高くて好きだし、2年目ということもあってある程度使い方も固まってきていたんですけど、今年は空白の日が目立ちます。
理由はEDiTに書いていたことを会社のお昼休みにルーズリーフに書くようになったから。

仕事から帰ってから書こうと思っても、夕飯作ったり、翌日の弁当仕込んだり、洗濯たたんだりしてお風呂に入るとあっという間に23時過ぎ。書く気力より眠気が優先しちゃう日が多くて。。。

でも書かないとなんかいろんなことがうまく回らない気がして、昼休みにボールペン習字講座の練習をするついでに、ルーズリーフにあれこれ書き留めるようになりました。
ルーズリーフの白紙を会社に置いておいて、書いたら持ち帰って家で綴じる。
1日1ページの手帳を持ち歩くより荷物も少ないし楽なんで、だんだんとEDiTの出番減ってしまいました。
EDiTに書いていたもろもろはノートでもいいので来年は1日1ページの手帳はナシにする予定

EDiTはプランニングページが好きですごくいい手帳だと思うんだけど、今の状況には会ってないかんじ。また状況が変わったら使いたい手帳です。

VISUALIFE(ビジュアライフ)は便利VISUALIFE/ビジュアライフ

1か月分の予定が見開きでパッとわかるVISUALIFE(ビジュアライフ)は、思ったよりずっと使いやすかったですね。
カレンダーより予定が見えるというか、横に並んでいるのでどのくらいの日数で仕上げないといけないのか感覚的につかみやすいのが気に入っています。
薄くて軽いところも好き。

ただ、書き込みすぎると余白に書いてあることがどの日のことについて書いたんだか後からわからなくなったりも。。。
メモなどを余白にすっきり整理してまとめられればかなり使える手帳だと思うんだけど、どうも私はそれができずゴチャゴチャ~な感じになっちゃうので、継続しようかどうしようか迷い中。

2017年はどうしましょ?

私の1日1ページの手帳の使い方は、お友達のまねきさんがブログに書いていた夢ノートに近いかんじなんですよね。

手帳でなきゃ書けないわけではないので、今やってるルーズリーフを継続かなー。
でもルーズリーフはちょっと味気ないのでシステム手帳というのもアリかも。

スケジュール管理用の手帳は1冊必要。
ビジュアライフでもいいんだけど、外出時に鞄に入れるとなると少し大きい。
マンスリー&ウィークリーのほうが稼働率がいいような気もするんですよねー。
でもシンプルなマンスリーとノートって組み合わせでもいいかも。

2017年の手帳も出そろってきているので、いろいろ物色して今月中には決めようと思います。
おすすめの手帳があったら教えてくださいね。



スポンサーリンク

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

更新情報流してます。よかったらフォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です