悪夢の腰痛 それはこうして始まった

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

スポンサーリンク

a1180_007842

今月の初めから腰痛で2週間もダウンしていました。
いやー、腰を痛めると大変ですね。こんなにも日常生活に支障がでるとは思いもしませんでした。
45歳を過ぎて体にいろいろ不具合が出る年齢になっているのを感じているけど、腰は本当につらい。。。

急に腰痛になった今回のことを何回かに分けてブログにアップしていきます。
人により症状が違うと思いますが、私の体験がみなさまの腰の健康に役立てば幸いです。

今回は腰痛発症の経緯と治療について。

風邪で丸1日寝込んだあとに・・・・

土曜の午後に熱をだし、食事の支度や洗濯など最低限の家事はこなしつつ日曜の夜まで寝込んでいました。
夜になって熱がさがり、はぁやれやれ~と思ったら~。
こ・・・腰が痛い。oz

でも、寝てばかりいたからで、いつもどおり動くようになれば治るだろうと思ってあまり気にしていませんでした。この段階では動けないほどではなかったですしね。

痛い場所が変わってきた

土日寝込んで月曜から何事もなく出社という自分の小市民体質を嘆きつつ、いつもどおり出勤。
夕方になって痛いのが腰よりも右の股関節になってきました。
足の付け根の前も後ろも痛い。

腰も痛いし、股関節も痛いし、困ったなーと思いながらも、我慢できないほどではなく仕事も家事も自転車通勤もできたんですよね。なのでドラックストアでインドメタシン入りの塗るタイプの鎮痛消炎剤を買って、それを塗りつつ火曜も水曜をやり過ごしました。でも痛みが増してきてこりゃやばいかなーというかんじに。

そして木曜になって・・・。
朝目がさめて起きあがるのに寝がえりをうとうとしたら、激痛が走り身動きがとれない!!
起きたいのに起きあがれない、足を伸ばすのもいたくて横向きで丸まったまま、自分に何がおこったのか分からずプチパニック状態~。

布団の中でもぞもぞ悪あがきをしているうちに体がほぐれたのかなんとか起きあがれるようになった一安心。でも、さすがにこれは寝過ぎたとか筋を違えたとかいうレベルではないので整形外科へ。

原因は筋肉疲労だった

病院で体を前に曲げたり横に倒したり、ベッドで足を上げたり倒したりして、体の稼働域を確認。
この時点で前に倒すことは全くできず、右には体が倒れるけど左に倒そうとすると右腰に激痛が走り無理という状態。レントゲンを撮影して、診断は「急性腰痛症」でした。

レントゲンでは骨盤の位置が右と左で違うのがくっきり。
痛い右側の腰(股関節まわり)の筋肉が硬直して骨の位置がずれているとのこと。これが痛みの原因。
治療は薬と中周波の電磁治療で筋肉をゆるめていくことになりました。

薬

筋肉の緊張を和らげる漢方薬と痛みどめ

こうなる原因で一番多いのは筋肉の疲労だそうです。
私は風邪で寝ていてなったので疲労というのがピンとこなかったんだけど、就職をして約半年、いままでと違う生活になり、知らず知らずに腰に負担がかかっていたようです。

エアロビをやめて筋力が落ちて、柔軟性が失われていたのも一因みたい。長く続けていた運動は急にやめちゃダメだよーと言われたけど、それを早くいってもらえれば・・・・。

薬を飲めばすぐ良くなるとおもったのですが、そうはいかないもんですね。
治療の経過は次回に。

スポンサーリンク

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

更新情報流してます。よかったらフォローお願いします。

コメント

  1. yasai より:

    疲れがたまっているみたいですが、思い通り動けないって大変よね。私もなんだか違和感があるという時が、たまにあります(泣)

    • より:

      >yasaiさんへ
      ご心配おかけしてすみませーん。
      関東は大雪続きで雪かきの負担もあったんですよねー。
      腰に違和感を感じるときは無理をしないのが一番。
      若い時のような無理はきかなくなっているのをつくづく感じました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です