これからの自分を考える まずはマインドマップにチャレンジ

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

スポンサーリンク

40代半ばになり、漠然と「これからの人生をどう生きるか」と考えることが増えました。
年齢に関係なくやりたいことはやればできると思っているんですけど、やっぱり体力とか考えると「今」優先的にやらなきゃいけないことがあるような気がするんですよねー。
でも、それがなんなのか、何を基準に優先順位をつければ自分であとから後悔しないのか、まるでわからない。

そんなときに、同世代の藍玉さんがヒントになる記事を書いてくれました。
生涯をかける仕事のヒントがやっと見つかった!

この年齢って同じようなことを考える時期なのかもしれませんね。
藍玉さんは、ヒントを見つけたようなので、私も記事を参考にさせてもらって「これからの生活」のヒント探しを始めました。
機会があれば藍玉さんが参加した「趣味と未来のスケッチブック meets ハッピーラクガキライフ」にも参加したいけど、まずは今すぐにできることからトライ!

手始めに、前にも取り組んでみたことのあるマインドマップを書いてみることにしました。

マインドマップ
心の中が丸見えでちょっと恥ずかしいのでぼかしました。

手帳に「やりたいこと」「できること」「できないこと」「あとにすること」を箇条書きに書き出すのはよくやるんですけど、こうして図式に書いていくと楽しさというかワクワク感があっていいですね。
書いててすごく楽しかったです。

以前、マインドマップの本を図書館で借りで読んだのを思い出しながら書いたんだけど、詳細はわすれちゃったのでマインドマップってこれでいいんだっけ?と不安になり、再び図書館で借りてきました。


新版 ザ・マインドマップ(R)
新版があったのでこちらを選択。前に読んだのは初版のやつだったんだけど、今回のほうが読みやすい気がしがします。
2週間借りられるので、実際にマインドマップをいろいろ書いてみながら、本の内容を覚えていって、より自分のやりたいことが明確になったらいいなー。

本腰をいれてマインドマップを書くのに家にあるカラーペンをかき集めてみたんだけど、かすれたりして書きにくいものが多くまずはペンをそろえるところからスタート。

カラーペン
次男の買い物の運転手をしたついでにダイソーで10色セットのボールペンを見つけたので、筆箱と一緒に買ってきました。文房具やさんとかにいってじっくり見たい気もあったんだけど、近所にほどよいお店がないので。
100均だけど思ったよりも書きやすくていいかんじ。
手帳も今まで黒だけだったけど、カラフルにしたらきっと楽しいはず。
100円のペンセットで、こんなにワクワク感が広がるってすごいですね。

で、マインドマップ。
思いつくままにいくつか書きました。文字だけでなくイラストも入れて落書き感覚で♪
書いているうちに、今まで自分では意識していなかったキーワードが「あ、これ!」って、具体的にはならないんだけどなんかひらめくような感覚があったりして、気持ちも脳も活性化されてるかんじ。
手を使って描くっていいですね。

私はまだ「これから」のヒントのしっぽもつかめてないんだけど、見つけられそうな気配を少し感じられるようになりました。
藍玉さんのおかげですね♪
私もヒントを見つけられるようがんばりまーす。

スポンサーリンク

記事がお役にたったらシェアしてもらえるとうれしいデス

更新情報流してます。よかったらフォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です