見やすい!書きやすい! シンプルな大判マンスリー手帳 ハイタイド Monthly Planner (Penco)

ハイタイドさんのプレゼント企画でいただいたMonthly Planner (Penco)。
2022年の新製品のマンスリー手帳。10月始まりで使い始めたので、仕様と使い勝手をレポしますね。

通信制大学の単位習得のスケジュール管理用にしました。
まだ軽く書き込んだだけだけど、見やすいし、書きやすいし、1年間しっかり活躍してくれそうです。

990円とお値段もお手頃。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

字が大きい人に嬉しい大学ノートサイズ

手帳には珍しい大学ノートサイズ。
しかし、このサイズがとてもいい。

私はわりと字が大きめ。
手帳には小さめの字で書くようにしてるけど、これが結構苦痛なんですよね。
ペンコマンスリーは大判で1日の枠が広いので、文字サイズを気にせず、のびのび書けます。

しかも予定を書いた下にも十分な余裕があるから、マルチタスクも書き込みやすい。

日付がグリーンなのにも最初はびっくりしたけど、書くと黒文字がくっきり見えて予定が読みやすい。

この色使いは使い始めてわかる感動ですね。

 

スポンサーリンク

余白多めでタスクやメモも書き込める

右側と下の余白が広い!
これも大判ならではですね。

右わきにタスクを書いたり、下にメモを書いたり、自由度がアップするのが嬉しい。

5週目まである月も、最後の週が小さくならないし、下の余白もしっかり残ります。

スポンサーリンク

紙は薄め 万年筆は裏うつりするかも

ボールペン(油性BICイージーグライドインク)で書いて↑のかんじ。
万年筆だともっと気になるかなぁと思います。

私は基本ボールペンだし、この程度なら問題ないけど、ボールペンの種類は選ぶ必要ありかも。
他のボールペンやマーカーペンを使ったら、その様子を追記しますね。

スポンサーリンク

ノートページはたっぷり31ページ

ノートは7mm横罫。しかも目に優しいブルー。
白いページも3ページあるから、白はウィッシュリスト、青は大学の講義メモとか目的別に色で分けるのもよさそう。

ノートが31ページあるからほぼマンスリーつきの大学ノートですね。

そう考えると図書館や学校にもっていくには、紙が薄目で軽いのは利点かも。

スポンサーリンク

その他の仕様

ここからは写真でざっくりと。

年間カレンダー


シンプル。
すっきりしてていいけど、カレンダーとして見るには、日曜も同じ色でパット見て曜日がわかりにくい。

もしろ、タスク達成した日に〇をつけて習慣トラッカーにすると便利かも。

透明カバーつき

ペラペラだけど透明カバーがついてます。
私はつけたまま使ってるけど、外してもOK。

付録ページはなし

路線図とかの付録ページは一切なし。
裏表紙の内側にはなぜか手旗信号が載ってます。
使うことないし、なぜここに?って謎だけど、このチョイスけっこう好き。

裏表紙は時間割表

学生っぽくていいかんじ。

スポンサーリンク

こんなかんじで使う予定

いま書いてあるのは

右側に今季修得予定の科目名。
ウェブスクーリングの視聴期間、レポート提出期間、全体講評期間。
TR科目のレポート提出期間、単位習得試験期間。
特殊スケージュール科目のプレ提出期間、全体講評期間、最終提出期間。

3か月でワンクールなので10~12月にかけて上記を書き込みました。
このあと書くのは、

いつまでのこの科目のテキストを読み終える
この週末にこの科目のレポートの下書きをする

などの学習スケジュール。

いままで、家の予定と大学の予定を1冊で管理してたんですよ。
でも、今回、大学用を独立させたことで優先すべきことが明確になったかんじ。

まずペンコで大学のスケジュールを1クール分たてる。
そのあと、余裕がありそうなところに家の用事や自分の用事を組み込む。

これで学習時間がキープしやすくなるかんじ。
専用手帳を作るのはなかなかいいですね。

スポンサーリンク

Monthly Planner (Penco)

サイズ幅18.2 × 高さ25.7 × 奥行0.4 (cm)
重さ140g
素材
生産日本
中紙カラーアイボリー、あさぎ
期間月間/2021年10月~2023年1月
ページ数64ページ
内容カレンダー、月間スケジュール、7mm横罫ノート(31ページ)

価格990円

カラー:ベージュ、イエロー、オレンジ、ブルー、グリーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました